な毎か

なんて事ない毎日がかけがえないんだよなぁ…

「Get set, Go!」発売記念イベント(2022.4.9@AKIHABARAゲーマーズ本店6F)

秋葉原は晴天で今年一番暑かった。ランガパーカー着ているのは厳しいくらい。のんびりとゲーマーズで予約製品を受け取ってから、練塀公園で休んでいるが日差しがとても強い。

12:20くらいにゲーマーズに向かうと、12:30の開場に合わせて列形成していた。

f:id:aikiriao:20220409200914j:plain:w300

1部(開場12:30-, 開演13:00-)

入場は整理番号順。左前から詰めていた。会場内はGet set, Go!のinst.がループで流れていた。これはまだCD化されていないはず。じっくり聞きこんでいると「点とミライ」のギターリフがテクいことに気づく。

ほぼ定時でいつものマネ様の声で注意事項。直後メンバー入りして開始。衣装は言わずもがなRADIANT。全体の流れは以下の感じ。

  • 挨拶&自己紹介
  • トーク
    • 1部:衣装とユニット曲レコーディングについて
    • 2部:写真集について
    • 3部:個人曲レコーディングについて
  • ライブ
    • ルミナンスプリンセス
    • ダイヤモンドスマイル(1部)/サクラジェラート(2部)/ドリーミング☆チャンネル!(3部)
    • MC(告知)
    • RADIANT
  • お話会

いつもの挨拶と自己紹介に続いてトーク。これは新アルバムに関する内容濃いものであった。

まずは衣装について。見ていた通り衣装は3人でそれぞれ差分がある。あっちゃんともっちのスカート部分にあるレースは、はやまるには腕にある。アルバムのタイトル案は各自出していた。話し合いなしで独立に。もっちが3案, はやまるが6案, あっちゃんが1案(2だったが出す前に1に絞った)。もっちがget, set go!を出した。陸上部出せてていい感じ。

レコーディングについても色々。RADIANTのもっちのget, set go!は英語っぽく入れてくださいというディレクションがあったり、2番に向かってキメ顔から表情を柔らかくしてく指示もあったが、そのget set, go!はかっこよく決めたかったり。

蒼穹のblue grandiaは、レコーディング時には「蒼穹の」がなかった(まじか)。レコーディング時にD様がクネクネしながら「蒼穹のってつけたらカッコ良くない?」と言い、はやまるは「かっこいいっすねー」と返していたのがウケた。たしかあっちゃんがタイアップしたいよねと言っててまじでそれなあ。

believer switchは収録でキーが1こ上がってそのままとったらしい。プロか?プロだ。

はやまるがそれでは皆さんおまちかねのライブパートです!で、そのままライブへ。そのとき前に水を置いたスタッフさんが退場時に転倒?して沸いてしまった。

縦一線に並ぶ。ゲマズのステージは狭く、前のはやまる(たしか)が透明膜に触れそうにも見える。

「ルミナンスプリンセス」。虚を突かれた。get set, go!楽曲で攻めるものと思い込んでいた。そしてこれほど近くで見たこともなかった。ステージをほぼいっぱいに使って躍動しているのが見える。2番冒頭ではあっちゃんが透明膜ぎりぎりまで前進してた。

ノータイム(タイトルコールなし)で「ダイヤモンドスマイル」。もう懐かしくて死にそう。こっちもナンバリングライブではいつも後ろだったので、これほど前になるのは久々に感じた。歌い回しには余裕しか感じない。そして幻覚をとても感じるが悶絶する間も無く、時が経つのが早い。

MC。はやまるが、もしかしてルミナンスプリンセスをこう言った場(リリイベ)で歌うのは初めてですか?と言っててそうだわとなった。ルミナンスプリンセスはリリイベがほぼ抜けていたから、現地イベは初めてだ。

はやまる次で最後の曲ですで×。いや、次は◯になると思います、と言って横一線のフォーメーション。「RADIANT」を宣言。即イントロ。振り付けはAJよりもじっくりと見れた。そして気のせいかもしれないが練度が上がっているように見えるし、はやまるの歌い回しがより自由になっているように思える。小さめのステージだが存分に躍動している姿を見れた。

歌唱終了後、一旦捌けたが割とすぐにお話開始。今回は1人10秒ちょっと(1テーマ)くらいで肩たたきだった感触。

わ「ありがとうございます」
も「ありがとー」
わ「めっちゃ迫力ありました、衣装、腕が出てるところがあざとい」
も「ありがとう、またー」(肩たたき)
わ「ありがとうございます」
(もっち慈しみの顔になっとる、AJの時もそうだった)
わ「ありがとうございます」
は「ありがとうー」
わ「生RADIANTが聞けるのが嬉しいです」
は「ありがとう、嬉しいっすわ」
わ「もっと聞きますー」(肩たたき)
わ「ありがとうございます」
あ「ありがとうございます」
わ「前で見てると迫力あります、めっちゃありがたいです(合掌)」
あ「そうだよね最前だからね」
わ「そうなんすよ、本当にありがとうございます」

外に出て時計を見ると13:40過ぎたくらい。イベントで30分、そのあとお話という感じだろうか。

外でメモってたら時間が迫っているので現地に戻る。ゲーマーズ5Fに展示されていた無限大ランナーの衣装を見やって、現地へ。次は後ろで見てみよう。

f:id:aikiriao:20220409201016j:plain:w300

2部(開場14:30-, 開演15:00-)

2部入場。5列目。全体を見ると60席くらいはある感じか。後ろではいつものマネ様がスタッフと会談中と言った感じ。

あっちゃんが写真集を持って開始。自己紹介のあと、二部では写真集について。先頭からめくりつつも、各メンバーオススメのページをちょい見せする。もっちは私服で笑っとるページ(あいまい)、あっちゃんは海辺のページ(反応多数)、はやまるは丸の内での一枚(もっち推薦)。もう一冊買ってくださいと推して、ライブコーナーです!とはやまる。

一曲目は「ルミナンスプリンセス」。俯瞰して見るとよく広がっておりプリのライブで見たそのものが出ている。

フォーメーションが横に緩く広がる。さっきと違うと思ったら「サクラジェラート」のイントロ。春なのに何か足りないと思っていたらサクラジェラートだったと気づく。うずくまってしまった。

最後は「RADIANT」、あっちゃんボーカルも余裕が増している様に見える。

そのままお話へ。待ってる間、異様に緊張するんだよなあ。

わ「2曲目のサクラジェラート、刺さりました」
も「ありがとう?」
わ「なんか足りないと思ったらサクラジェラートでした、ありがとうございます(高速詠唱)」
も「嬉しい、またねー」
わ「用事で浜松行くんですけど、何か美味しいものあります?鰻以外で」
は「鰻以外、餃子とか美味しいかも」
わ「餃子、なるほど」
は「あっでもやっぱ鰻はおすすめ」
わ「鰻、了解です(指差し)」
わ「浅草の朗読劇あったじゃないですか」
あ「はいー」
わ「あっちゃんの演技力際立ってました、身振りとかほんとよかったです」
あ「心込めましたー(肩たたき)ありがとうー」
わ「ありがとうございました」

3部(開場16:30-, 開演17:00-)

今回のリリイベは部間の間隔が短く、メモを取ったらすぐいく感じ。話すネタが出てこず焦る(いつもの)。

そういやOPトークのはやまる自己紹介で、寿司を食べましたと言ってた。前は鰻でした、ゲーマーズで魚食べてる人ですと言ってた。

3部のトークでは、個人曲。もっちの感情にダッシュ!からで、やっぱり声出したいというところを強調。はやまるが最近ジャージャーないっすねえと言ってて大草原(そちらから求めていくのか)。

次にはやまる。歌詞変更があったという話。まずレコーディング前に恋愛要素があったのを消して、前へ進む曲に変更。またレコーディング中でも変更を入れたり(真崎さんにその場で電話して修正確認)と、アイドルのスタジオ収録風景そのものだわ。そして音楽プロデューサーが前のめりになって聞いてたのも強エピソード。

最後にあっちゃん。Dパートの『このまま未来に走るのを見守ってくれる?』、じつは声が一番震えているテイクを採用している。未来に進むことの不安を含んでいる。そういえば「ダイヤモンドスマイル」からビブラートを使いまわせるようになっていた。これは確かめておきたい。

ライブパート。間近で見る「ルミナンスプリンセス」はこれが最後かと思うと少し寂しい。このリリイベはルミナンスプリンセスの代替だったのかもしれない。

背中を向けた瞬間にオッという声多数。右側のあっちゃんが一瞬でも戸惑ってるのも見えた。「ドリーミング☆チャンネル!」。この振りコピ、めちゃくちゃ練度高くなってて驚きしか無い。たしかにレクチャー動画はあったけど、ここまで精度良く皆が打てるのはどうしてだろうか考えてしまう。

最後は、はやまるから今日一番盛り上がれますね?と煽りがあってフォーメーションを作り、「RADIANT」を宣言。明らかに練度が上がっている。振り付けと位置移動が高速だと思うが、移動の方が滑らかになっていっていると思う。3部のはやまる『さあ、行こう』は朗らかになっていた。回を追うごとに表現が柔らかくなっている。

わ「ありがとうございます。楽しかったです」
も「ありがとー」
わ「(間)蒼穹の?でかっこいいもっち、低いもっち良いなあ推せるなあと思ったんすけど、どうすか?(詠唱)」
も「そうなの、ありがとう(あいまい)」
わ「(やらかしたわ)もっと聞きます、ありがとうございます」
わ「ありがとうございました」
は「ありがとう(ニヤニヤ)」
わ「点とミライのギターリフ、めちゃくちゃかっこいいっすね、ドーパミン出ました」
は「そうなんすよ、Cパートの高速なとこ特に良いよね」
わ「それなんすよ、それに合わせるはやまるもすごいっすわ」(肩たたき)
わ「ありがとうございますー」
わ「ありがとうございます、楽しかったです」
あ「ありがとうございます」
わ「3部ともとても楽しめました、また行きます、ありがとうございます」
あ「ありがとうございます、またね」
わ「ばいばいー」

はやまるのニヤニヤは配信などの後半でよく見る感じそのもの。

話題出しに焦ったが、ライブはまっすぐに楽しめた感触。トークではかなり突っ込んだ現場の話が聞けたのは良かった。 RADIANTは一気に練度が上がったように見え、各フェスに出して殴っていきそうに思えた。

参加券取り(2022.3.25)

秋葉原での用事にひっかけて8:00に見てみたが1人しか待機しておらず、9時10時と見るも誰も来ないのでいったん離れる。神保町カルナックでも当日で取れた話を思い出し、のんびりと行って10時で待機。

朝見た方は10:30くらいに後ろに並び直してしまっていた。前におじさんが入ってきてそれに続いた感じ。10:50には50くらい並んでいた。開店5分前くらいに店員さんが出てきてランガ列とそれ以外を分割。目算20人程度が並んでいた。開店後10分くらいで確保。