な毎か

なんて事ない毎日がかけがえないんだよなぁ…

Girls Reading Aloud in Yokohama(2022.3.20@横浜ランドマークホール)

朗読劇シリーズ繋がりで、今回は海外童話メイン。はやまるともっちが参戦するとのことで見に行った。 現地はランドマークタワーの5F。プリリズADの聖地そのもので、桜木町駅から歩道を行き、パシフィコ横浜に至るのも久々。のんびりと歩き回る。

1回目が12:00と早めなので昼飯を優先。野毛まで戻って、かつ半で昼食。脂身の歯応えとソースが絶妙でうまい。再度ランドマークタワーを上り、入場待機。

f:id:aikiriao:20220320230722j:plain:w300

第1部(開場12:00-, 開演12:30-)

入場。とてもよくできたホールで入口が豪華。席はABCIJKという6列で、A列8席、B列11席、それより後ろは13列だから最大65?会場内で席をかなり間引いて配置しておりだいぶ余裕がある。また、K列は椅子が用意されておらず、スタッフに出してもらっていた。ホール後方でチェキ販売やってた。

自分はI列の端っこの方。壇上には椅子が5つ並んでいた。

開演。もっちは右端に座った。司会は浅草のときの人と同じ方で進んでいく。 1部の演目は、眠れる森の美女とアラジンと魔法のランプ。アラジンは司会の方も言ってたが長丁場であった。いずれの童話もまじめに全部通したことはなかったので新鮮ではあった。眠れる森の美女は、前半シナプストリーで見たあらすじと同じで驚いたな、無知すぎた。

もっちは25になって始めての有観客なんですというのを最後の一言で触れていた。今回は全員役入っている。出自を聞くと演劇で共演している人が多いと聞いて納得。

終わって時計を見やると14:08なので90分進行であったろうか?

第2部(開場15:15-, 開演15:45-)

パシフィコの海沿いで海を眺めつつも休憩。15:00の第二部公演に向かう。 2部ははやまるが左端、もっちが左から2番目。もっちのコーディネートは変わってチェキ衣装になってた。一部ではワンピースやった。

演目は絵本の国のアリスとみにくいアヒルの子不思議の国のアリスの夢オチ版なのかな?(無知)。みにくいアヒルの子はオチを途中で気付けた。もうほんと懐かしいな。ゆっくり聞いていると結構感動するような筋だったんだなあと思う。

幕間にはラブゲーム(出演者から質問を出して、該当者が少ないほどよいヤツ)をやった。該当者は立つ。もっちは今朝暖房をつけた人で10人立ってしまった。はやまるはハリネズミ飼った経験のある人は?で0人。1人でビンゴの方もいたのだが、結局全員罰ゲームを受ける。罰ゲームはジェスチャーだけでなんらかのお話を当てるというもの。はやまるの浦島太郎で、亀をいじめる所作が笑えた。

アリスで夢よろしくうとうとしかけたので、幕間が刺激となって起きれた。良かった。

また、堀内さんの声質がどうにも懐かしくてなんだったろうと考えていたら、それとなくよこざわけい子さんに似ていることに気づいた。ロックマンDASHのロールそのもの。一回そう思ったらだいぶ印象に残ってきた。

第3部(開場18:30-, 開演19:00-)

3部までくると体力勝負の様相を帯びてきたが無理せず見ることを信条に。入場すると、チェキ販売所が会場後ろではなく入り口入った先に移動していた。

はやまるは右から2番目に着席。演目はシンデレラとヘンゼルとグレーテル。流石にどちらも有名で筋は追えた。 幕間は創作童話。今回は5人にそれぞれテーマを挙げてもらって、それを織り込んで話を組み立てる形式だった。やはりカオスだ。

ヘンゼルとグレーテルが終わって20:08くらいで時間あるなと思ったら、もう一回創作童話やれますね、と司会が言ってもう一回やったw またもやカオス。浅草はテーマを挙げずに展開していたので各自高速に話を展開させていたが、今回はテーマに沿わせるために考える時間があってのんびりに見えた。

3部は20:20くらいに終わっていた。練習はオンラインでやって、本番現地のようなので尺の感覚はだいぶ変わりそうな印象。

浅草ではあっちゃんの演技力が際立っていたが、今回は演劇の方が多く演技力は総合的にフラットな感触を受けた。