な毎か

なんて事ない毎日がかけがえないんだよなぁ…

SynapstoRy~完璧になりたかったピノキオ~(2021.08.29@神田明神ホール)

(例によってネタバレ注意。こんなところ見に来る人はいないと思ってますが…)

今確認したら2020年初頭(@GOODMAN)の公演とタイトルが違っていた。(そちらは"完璧になりたい"だった)

昨日のフェス終了後、蒲田のシティホテル弘城にIN(蒲田駅西口前すぐ。異様に安かったが、設備に全く不満なし)。 起きてからのんびりと京浜東北線に乗って秋葉原へ。

f:id:aikiriao:20210830002848j:plain:w300

神田明神にはよく行っていたが、神田明神ホールは初めてだった。神田明神入って左側、新しくできた建物の2Fにある。 入ってみるとステージが横に広い印象。キャパ700と書いてあったが、700入れたら身動き取れなそうな感じ。 GOODMANと同じくスモークをガンガン炊いていて幻想的。

昼公演(開場13:30-, 開演14:00-)

昼夜ともE列からの観劇(お土産付きの場合は前方席が用意される。自分は通常席)。

冒頭の「トーラス」一発で世界に入れた。とても理想的。しかもはやまるがコーラス入れていた。。。感動 また、トーラスのサビ『荘厳な…』でバックライトが明るく灯るの、非常に雰囲気が出ている。 山田さんキャノンさんによる生バンドもやはり良い。語りが進行する間、ピアノがバックで流れるのが絶妙。 筋書きは2020年初頭と同じに思えた、が、楽曲はより新しい楽曲に差し替わっていた印象。

「Empty doll」は相も変わらず強く、打てなかった。 「tell you, tell me」でゼベットを蹂躙するシーン、2番後半サビではやまるが中心に出てきて花(向日葵?)を千切っていく。 これはGOODMANでは無かったかな。雰囲気が出ておる。 酒井さんのゼベットとジャンボリーの演技の迫力が素晴らしい。最後殺される瞬間まで迫力があった。

終劇直前に「Knot Alone」をデュエットで歌唱していたがこれがとても強かった。 ロック調の楽曲ではやまるはアグレッシブに動くし、サビでハモり入れたり。いやこれは強い(語彙)。

終演後アンコール時に挨拶。はやまるが2ndワンマンを見た後に佐々木さんからやりませんかと声をかけられたと。これは初耳だ。 また最後に「寄り道」をデュエット。1番佐々木さんだが、2番ではやまるが歌唱。 2番サビではやまるがメインだが佐々木さんが下でハモる。

公演時間は80分くらいだっただろうか。

夜公演(開場17:30-, 開演18:00-)

脚本は昨年の夜と同様、ゼペットを殺害して2人で幸せな世界にはいるというものだが、 ゼペット殺害シーンが完全デュエットで、歌唱しながら燭台を刺していたのでミュージカルにも思えた。 これは音源化すらされていない楽曲だろうか?(追記:「ダマスクモダン」とのこと。2019年~世界でいちばんの白雪姫~公演以来) この部分は昨年よりも強化されていたように思えた(昨年の記憶がない)

夜は「アトモスフィア」があったのが非常に良かった。音源化されていないが個人的にinst.がとても好き。

夜公演後では、アンバランス(だったか忘れた)めちゃいいっすよねとくだけて喋る。このくだけ具合はランガの現場のもの。

まとめ

「Knot Alone」の完成度が高く、デュエットデビューしてくれと勝手に、本当に勝手に思った。 ロック調の曲をノリ良く歌い回すはやまるを見ているとこっちもノレる。

8月末にて充実した週末を体感できた。 イベントが連続する日々はいつぶりだろうか…1年半振りなのかもしれない…これがなんの後腐れなく楽しめる状態に早く戻って欲しい。