な毎か

なんて事ない毎日がかけがえないんだよなぁ…

iDOL on-line SUPER SUMMER FESTIVAL2021 POWERED BY UtaTen(2021.08.28@Zepp Haneda)

会場のZepp hanedaは行くのは初めてで(2020年夏Openとのこと)、最寄りの天空橋駅を降りると羽田空港と飛行機が見え遠くに来たと実感。 駅周辺は工事しており、まだまだ有閑地帯といった感じ。

f:id:aikiriao:20210828224800j:plain:w300

有り体に言ってアイドルフェスなので自由に見て社会見学するつもりでいた。 当日は9:00くらいに現地着。9:30に入場券とリストバンドを交換した。開場は混むだろうから嫌ってデイリー(きれい)でしばらく待機。 入場。ホールに入ると席が並んでおり自由着席。1stを思い出す。

f:id:aikiriao:20210828224822j:plain:w300

会場に貼り出してあったタイムテーブルのように、ランガちゃんはCブロックという時間帯。 わーすた様が来るのでそれは抑えて、ランガちゃんはVIP(前方)席で見るつもり(補足:参加券の他にVIP席券を抽選する必要があった)で挑んだ。

Aブロック(11:00-13:19)

会場内は自由着席だったので、一般席の前から3列目くらいを確保。朝早く行って頑張れば1日中1列目にいることは可能そう。

Aブロックで驚くべきはレベルの高さ。開幕からパフォーマンスに圧倒され続け、アニソンフェスとは格が違うと思い知らされ始める。 なんキニ!さんは開幕から(たしか)5連続、レイドロイドさんは間髪入れず5連続で歌唱しており腰が抜ける。ほぼMCなく殴り続ける感じで、特に後者の繋ぎはシームレスで拍手を入れる暇すらない。そして歌唱力がたかい。ミニマさんが小さくもキビキビ動いていたのが印象に残っている。

次のLynQさんもとても勢いがある。曲は全くわかっていないが祭囃子からスタートしたり、突然コブシが入ったり、ジャンルがちゃんぽんだ。振り付けも腰が入っておる。MCで振り付け指導を入れたり、歌唱中もよく煽るので十二分にあったまった。九州中心とのことで見る機会が少なくなりそうなのが非常に心残り。

そしてわーすた様。開始直後から盛り上っており、いつものワ-スタ…ワースタ…ワールドスタンダード…を堪能。 なんと写真動画撮影okのレギュレーションで、スマホ向ける人打数。 出てきていきなりちゃんちゃんぷ(「プリティー☆チャンネル」)。クッソ懐かしくて思わず蹲った。一曲わからなかったが、次が「うるとらみらくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」。意識して生で聞いたのはこれが初めてで最高に沁みた。続いて「KIRA KIRAホログラム」…プリチャン曲まじでありがたい。もうここでしか聞けない。プリチャン単独で聞けなかった内容を補完できて非常に嬉しい。 最後は新曲。これから単独ツアーがあるとの告知。坂元さんが卒業すると聞いて、いよいよ状況が変わりつつある。

わーすた後はドリーミング☆チャンネル!のポスターを回収(CD購入で1枚もらえる)して、昼を食べに一旦外に出た。 天空橋は混んでいるので一駅外して穴守稲荷に行ってお弁当を買って穴守稲荷神社で食す。 Bブロックはちょっと休憩して、15:00くらいに会場に戻った。

ランガちゃんのVIP席が15:30くらいに整理開始。ホール出て右側のロビーに並ばされ、緊張が高まる。

Cブロック(15:48-18:02)

VIP席で最前に入った(最前3,4列の中で自由着席)。

ブロックCでは4つのアーティストが回していたが全員ダンサブルでレベルが非常に高い。 #2i2さんは重めのドラムンベースで時折首を振りながらがっつりのれる。衣装も黒基調で非常にシック。しかし露出も大きめ。よくこんな強い人を集めたなと思う。 次はalmaさん。これもレベルがクッソ高い。1人低域担当でドスの効いたボーカルで明らかに強い。しかも振り付けも強い。 特に、というかまじでkolmeさんが強い。3人で完全に揃った赤衣装、振り付け、歌唱。。。打つ必要が全くないくらい素晴らしく思わず立ち尽くした。絶対にCD買おうと覚悟した。

そしてランガちゃん。ここまでに残っている人はもはやランナーしかいない。スタンディング可で存分にぶち上がっている。セトリは以下:

  1. Break the Blue!!
  2. ドリーミング☆チャンネル
  3. MC
  4. My Best Shine!!
  5. キラッとスタート

衣装はドリーミング☆チャンネルのもの。暗闇からまっすぐ歩いてきてまっすぐもっちが前に。現地「BtoB!!」はとても久々な気がして白熱。青サイリウムが揃ってなかったかも? 「ドリーミング☆チャンネル」は皆さんの振りコピ練度が非常に高い。俺はもうついていけんが楽しむ。 MC。いつも通り位置についてよーいドンから自己紹介。何か言ってたけど忘れてもうた。 つづく「My Best Shine!!」。『頑張る〜…』ところでもっちが目の前に来たのでこっちも腕に力を入れてたらもっちも真似して一瞬歌唱遅れたwwwよいファンサ(よくない)。ほかにもあっちゃんが前に来て手を振ったりと。この現場によくあってる選曲だと思った。 「My Best Shine!!」が終わって構えていたら、1stブレードが折れているのを確認した。ここに来て壊れてしまった。ショック。 最後は「キラッとスタート」で最大に盛り上がる。久々で振りコピが上手くできない。でも楽しい。楽しいというのは周りも盛り上がっているというのはやっぱりあるかもしれない。終わった後は声出すものがおった。

捌ける時、はやまるは名前覚えて下さいね!と言って(あとでMCの方に触れられていた)また、あっちゃんはステージに向かって一礼していたのが見えた。

その後のトークコーナー。夏の楽しかったことを1つ喋るところで、もっちはオートミールを食べ始めました、はやまるは有観客でライブができること、あっちゃんは穀物酢を飲めたことを触れていた。それぞれMC(りゅうちぇるさん含)からレスがあり、オートミールは言ってみたいですよね、穀物酢も飲むのはすごいとコメント。

Cブロック以降

kolmeさんのCDを買って特典会に並んだ。CDを買うときランガですか?と見たことないスタッフさんに話しかけられたけど噂のギャルマネさんか?わからんのや。 そのあとkolmeさんに特典をいただき、会場に戻ると神激がステージを開始していた。話には聞いていたが生で見るのは初めてだった。

まず音圧の大きさに圧倒され、生のデスボイスを身に受け、歌唱中も強いMCをし、そしてひたすらに頭と腕を使う。体は動かしまくるが単純なのでやりやすい。目の前の男子に混じって華奢な女子がめちゃくちゃ多動していたのを見て衝撃を受ける。気づくと自分も体が動き始め、MCに感動を受け取り続ける存在になった。 何曲やったのかも、何を歌唱したのかもわからない。耳はキーンと言っている。しかし確かな感動が残り、しばらく蹲った。少し涙が出た。こんなの武道館行って当然に思えた(武道館公演: 2022.03)。本当の感動があった。本当の音楽に触れた気分だ。

神激は後ろで見ていたが、その日1番の盛り上がりだったと思う。

まとめ

非常に楽しかった。目的のわーすた様、そしてランガちゃんで思う存分楽しませていただいた。

この日だけで得られる情報が非常に多かった。もとから社会見学のつもりだったので大収穫と言える。 kolmeさんは全国ツアーとのことでまずは見たくなり、また神激さんも現場を多くこなしているのでどこかで見ていきたい。 コンテンツとは全く関係がないが音楽パフォーマンス一本で感動できる対象が確かにいるのは本当に素晴らしい。

全く意図しない発見ができる意味でも、やはり現地イベントは大事にしていきたい。