な毎か

なんて事ない毎日がかけがえないんだよなぁ…

ドリーミング☆チャンネル!発売記念リリースイベント (2021.07.17@AKIHABARAゲーマーズ)

7/15、あっちゃんが故障との告知。リハ中に故障したらしい。靭帯損傷というと程度によるが1ヶ月は動けないだろうと想像する。そして、4thは延期決定、プリチャンサマーも出演できるか怪しい。また、リリイベははやまるともっちーの出演になる旨告知された。

昨年から延期・中止続きで慣れたくないが慣れてきていたが、4th延期も踏まえ精神的にはかなりきた。7/14から仙台公演に向けて手紙を書き始めていたので、あっちゃん向けに短く書き直した。プレボに入れるつもりでいた(池袋にあったため。)。

当日は梅雨も明けて快晴。10時には秋葉原に入り、近頃良くいく卍力で早めの昼食。卍力は葛西にもあるが秋葉原にも出してもらって本当に助かるしうまい。その後軽くヨドバシで買い物して時間つぶし。

f:id:aikiriao:20210719225301j:plain:w300

1部(開場12:30, 開演13:00)

会場は先着入場。座席抽選があると思っていたため完全に出遅れた。また入場時にプレボを見つけることができず。2列目客席向かって左側に着席。座席は半分ぐらい間引いていて1列あたり10席といった配置。全体で50か60くらい?

内容は3部とも以下の通りだったが、3部は音響トラブルで段取りが変わった。3部の所で触れる。 客席から見て左側にはやまる、右側にもっちーの立ち位置。衣装は「ドリーミング☆チャンネル!」のもの。

  1. MC(自己紹介。オープニングトーク。あっちゃんのこと。)
  2. Darling Darling
  3. りんごの木
  4. おしえてはやもち(質問回答)
  5. 見送り会

合計で40分くらいの尺。2,3部と経るごとに緊張がほぐれて自由にトークしていったのを実感した。また、池袋と同じく、ステージ前には透明な膜が張られていた。皺で少し解像度が落ちていた。

オープニングトークであっちゃんは足を怪我して声もちょっと出せない状況ともっち。声も影響あんのかとわかり少々ショック。まずはドリーミングチャンネルについての話題。他の曲に脱線しつつも、アルバム買っていただけましたか?など触れる。ドリーミングチャンネルは3人で歌う曲だから…ということで今日はソロ曲でいきます!と言って沸く。

1部ではもっちーが緊張しているのが伝わった。ソロ開始前にはやまるが姉さん緊張してるんですという(最近はやまるはもっちのことを姉さん、森嶋姉さんと呼ぶことが多い)

そして「Darling Darling」。センターで1番通し、2番から客席右側、2番中盤で客席左。歌い出しがいきなりなので難しそうだった。が、2番あたりから振り付けが硬くもビシビシ決まり始める。 そのままもっちがはけて入れ替わりではやまる登場。じっくり聞いてくださいといって「りんごの木」。やはり盛り上がるんだなこれが…。暴れてしまったかもわからん。思わず歌詞を口ずさんでしまったかもわからん。でもどうしても現地で聞いたら盛り上がる。ソロ曲を生で受けたのはこれが初めてでとても嬉しく、「りんごの木」の声量が大きくて少し割れているのが良い。声出して応えていきたい。

そのあとはおしえてはやもち。これはTwitterで#おしえてはやもちのタグで質問事項を募集しており、それを答えるというもの。おそらく3曲目を埋めるためであろう。 

あいまいな記憶の限りで書いてみると、

  1. 好きな湖は何ですか
    • はやまるは一瞬迷ったが浜名湖。潮干狩りとかできますよ、やったことありませんがとか公園がたくさんあるとか。
  2. 好きな動物とその仕草
    • もっちのうさたんの動きのコニカルさ、はやまるの猫はSCSGのねこさんですねぇ!の動きで草、犬は犬かきの所作。最近チワワなど小型犬をプールに入れる動画にハマっているとのこと
  3. メルティックスターとキラッツの推しトークが聞きたい
    • もっちはメルティックの曲は強くて(実際の表現を忘れた)良いとのことを、はやまるはやはりメリメリファンタジアがすきで是非とも来月のプリチャンで歌ってほしいと。振り付けでユニコーンになってしまうとかのけぞり振り付けも好きと宣言。でもコズミックシルエットが一番好きという。原点というか、戻ってきたというか、コズミックシルエットがあるから他の曲の方向性が決まっているし、何よりタイトル。コズミックがまずかっこよく、シルエットもかっこいいと言ってて完全同意。

最後は池袋と同じく、会話なしで会釈で抜けた。イベント後は、スタッフさんに手紙を渡せませんと言われたのでその足で神田郵便局に行って手紙を送った。

2部(開場15:00, 開演15:30)

今度は開場に間に合うように整列したら、2列目右側(もっちー前あたり)になった。

段取りは全部同じ。最初、オープニングトークで自己紹介後、あっちゃん(はやまる:厚木那奈美)は一番メンタルが強いんですと。はやまるは何か怒られるともっちなどに相談するが、あっちゃんはすぐに切り替えることができる。だから、あんまり悲しくならないようにしてくださいとはやまるが言った。たしかに。

さてライブ。今回は左前の人に被ってよく見えなかった。はやまるはスケッチがよく見えないと言っていた。覆われてるから。

おしえてはやもちは以下の感じ。ツイートを探し始めた時にわかちーをふぁぼってたの笑った。また、はやまるが待ち受けを辻永ひつじさんのがTwitterに上げたみらいにしてると言ってた。

  1. サラダチキンの飽きない食べ方は?
    • 主にもっちが回答。自分で作るのが一番。鳥肉(鳥肉で合ってるよね?でいやチキンですよね?で草)をフォークで穴開けてごま油入れてziplokして冷蔵。食べるときは沸騰した湯に入れ戻す。自信たっぷりに話すのをみるのはラジオ含め初めてかも。頼もしい。はやまるはへらへらとしてそれでいいんか?みたいな反応。良い。
  2. 寝付けない時はどうする?
    • はやまるはベットに入ってから本番とコメント。ゲームしちゃうから、続きがきになると言ってもっちはそれが原因だよと。はやまるはヒーリング音声を聞くのはどうすか?というけどもっちは3時間聞き通してしまうと言っていた。タロット占いのYouTubeを見てねれるともコメント。はやまるはキッズに混じって遊んで9時に寝るがいいと言ったが、もっちがそれ危ない人だよね、自分が親だったら子供を避けると言って笑う。
  3. オーディションについての話
    • ちゃおチャンネルでのオーディションの話で、やはり当時の自分と重なって沁みるとコメント。はやまるは全員幸せになってほしいと言ってた。

そして自分のオーディションの話へ。最終選考は会場に集まって座り(今日のリリイベの如く)、よければ呼ばれるが、ダメなら呼ばれない形式。はやまるは音芽ちゃんで受けており(初耳。歩はセンターだから倍率が高く受けてなかった)、歩で通ったときは例の無表情になった。

もっちは割と最初の方で自己アピールしており、好きなものはタケノコです、京都人ですが抹茶飲んだことありません(懐かしい)を言って、アイドル性がある子なんだなあ、受かったなと思ったとはやまるは言ってた。もっちははやまるの演技は上手かったとコメント。

はやまるは力を抜いて挑んでいたとのこと。最後、高校受かったらどうしますか?の質問に、まだ中2なので決めてないんですけど、受かれば東京行きますと余裕で答えていたと前(WUG)のプロデューサーさんが言っていた。普通は東京行きますと突っ込むところ。1stで感じた肝の据わり具合はここから来ていたのか。はやまるは、他人と同じじゃダメだねと言ってた。本当にうなずくことしかできない。

2部の一番良かったのはオーディショントークだったと思う。初耳な情報が多い。

3部(開場17:30, 開演18:00)

3部は意図的に後ろに行く人あり。たしかに3部買ってるとほぼ全部同じ席になってしまうから、もっともだと思う。

開演開始前に音が途切れるトラブル有り。開演前に流していた「ドリーミング☆チャンネル!」と「無限大ランナー」の音が時折無音になった。

開演中も音響トラブルもあって以下の内容。尺も45分になった。

  1. MC
  2. おしえてはやもち
  3. マイクチェック
  4. Darling Darling
  5. りんごの木
  6. お見送り

メンバーが出てくるとマイクに入ってないのでしばらくマイクなしで叫ぶ感じで進行。こっちは喋れないので声が通り、まったく問題なし。そのあと音響復帰したが、小さいアンプでゲインが心許ない。しかも歪みというか割れた感じの音響になってる。

一旦はけてライブコーナー…と思いきやはやもちへ。とっさの時間稼ぎだけど焦りはなくて、3部が一番面白いトークになった。ライブが最後になったためかトークの内容をほぼ思い出せない。面白かったことだけが頭にある。はやまるの『センシティビティマン』とかの語彙に笑った(他にも造語あったけど思い出せない)。身振り手振りで笑わすことが多くてとてもよい。

  1. 無限大ランナーの製作秘話
    • インタビューの後で一発撮りしたのでテンションがおかしくなってた。
  2. デュエット曲とかどうですか
    • それなんだよな、2nd渋谷でマクロス入れたの懐かしい。ここでたしかもっちーはソロでBtB!!歌いたいと言っててまじでそれ。
  3. 北海道に行ったことはありますか?
    • 2人ともない。沖縄についてはもっちは行ってた。はやまるは芸能活動が忙しく行けてない。
  4. デビュー前の自分はどんな人でしたか?
    • もっちはオタクしてた(RGR前のもっちがどうだったか知りたい)、はやまるはとにかく部活してた。はやまるがもっちと初めて会った時のことを。初めてレッスンで会ったとき、早速どんな漫画読んでますか?など絡んでいた。

マイクチェックに移る。Dさんがマイクチェックしますのではやまるもっち出てきてくださいと言った時、控室の方からはやまるがはーいと言ってたの面白かった。

チェックはもっちはやまるの順。はやまるが横に立っててイントロから盛大に捧げる。もっちが行くわよダーリンたち!という。新定番だ。もっちは楽しく歌い上げていた。はやまるはしばらく歌ったあと、すいませんガチなんですけど、声の返しあげてもらえますかを要求。しかしいつものDさんがこれ以上上げられませんと返す。たしかにあのアンプでは限界で、やるとしたらinst.を下げるしかない。

そしてライブへ。もっちは楽しさそのままに歌い上げる。袖でマイクがチラチラ見え、はやまるが打ってるのがわかって感動した。りんごの木ではやまるは2番は左に動いた。これまでと逆。その後サビ前まで右に。音が盛大に割れてんだけどストリートライブっぽくて楽しい。

見送りの前、はやまるが、こんな状況ですけど精進していきます、本日はこれにておしまいにしますとコメント。そして私たち、ランガールズランでした!で捌け。

最後の見送りは軽くはやまるに右手でグッジョブを送ったら両手で返してくれた。満足。

終わってみると楽しかったに尽きる。3部はトラブルあったけどまったく慌てず楽しませてくれた。さて次のイベントはどうなるだろう。プリチャンの2次抽選がまだ始まらない。夏の予定はまだ不定である。